山梨県甲府市塩部の人工透析施設

TEL 055-252-3811

第61回日本透析医学会学術集会・総会

◎ 会    期 2016.06.10(金)~12(日)

 ● 会    場 大阪国際会議場・リーガロイヤルホテル・リーガロイヤルNCB 等

 ● 参加者 (理事長)鈴木、(すずきネフロクリニック院長)内山、

                 (鈴木・野村泌尿器科クリニック院長)野村、(透析部長)長田、

         (看護科長)箭本、(技師科長)土屋、(栄養科長)標

 ◆ 大会テーマ 「持続可能な透析療法をめざして」

   ● 発表者 土屋 孝

                 「当院におけるバスキュラーアクセス管理の現状」

        ~スコアリングシート導入から超音波エコーによるVA管理まで~

          (第1日目 口演発表 第15会場にて)

   ● 発表者 箭元結花

                「非接触型・静脈可視化 “Stat Vein” の当クリニックの使用評価」

          (第1日目 口演発表 第15会場にて)

   ● 発表者 標 雅子 「低栄養透析者に集団栄養指導を実施して」

          (第2日目 デジタルポスター 第6会場にて)

  ~三日間、2万人を超える参加者で会場は24会場に分かれ、どこも満員で

  盛況でした。当院の発表者3人は落ち着いて、順調に発表を終えました。

   また、様々なテーマの教育講演・セミナーを聞き、明日からの日々の透析に、

  その知識を活かせる良い経験となりました。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 第61回日本透析医学会学術集会・総会

このブログ記事に対するトラックバックURL: /mt/mt-tb.cgi/29

コメントする